新着情報

2014年05月21日
建築物石綿含有建材調査者の国交省報道発表と合格者リスト
2011年10月28日
Ustreamで配信されました!
札幌駅前通地下歩行空間
Greener WeekのUstreamにて
石膏ボードリサイクルに関する
アスベスト簡易判別法について
配信されました。

 

Ustreamを見られない方はこちら→

 

 

アスベスト被ばく被災を受けないために
このたびの大震災で被災された皆様へ心からお見舞い申し上げます。
これから復興に向けての取り組みが本格的になりますが、大変な努力と相当な時間が必要となります。

福島の原発事故についてもまだ予断を許さない状況が続いています。
今回、私達研究グループがたまたま出版を予定していたアスベストの簡易判別マニュアルが、今回の震災に伴うアスベスト対策に有効であるとの考えから、出版に先立ち、緊急対策に必要な部分を抜粋して、インターネット上に公開することとなりました。

これには、国土交通省、環境省の資料提供なども戴くことができました。
取りあえずの部分もあり震災対策について完全ではありません。

 

実際に使用してみての、改訂、追加が必要です。
皆様からご意見、ご指導を戴き、充実させる必要があります。

 

復旧、復興作業に携わる、ボランテァをはじめとする関係者が被ばく被災しないための、アスベスト吸引防護対策、被災された皆様が被ばくしないための、アスベストの飛散防止対策に、確実なものが求められています。

 

しかし膨大なガレキに埋もれてしまったアスベストを見つけ出し、分別し安全に処理、処分することは、困難です。

 

わたしたち、研究グループは被災現地に持ち込み可能な簡易な顕微鏡、デジタル顕微鏡、分析機器などでの現地アスベスト迅速判別方法を提案します。

 

被災地の皆様をはじめ、関係からのご意見、ご指導を戴き、充実させ実効あるものにしていきます。

アスベスト簡易迅速マニュアル作成委員会
出版・代表:株式会社 環境科学開発研究所
代表取締役 齊藤 進

 

アスベスト簡易迅速判定マニュアル

今回紹介する「アスベスト簡易迅速判定マニュアル」は、現場で簡単迅速に判別する方法を解説しています。震災対策用に緊急にその一部を抜粋して公開します。

 

これは、見たこともないアスベストを実際の画像で確認し、簡単なルーペ、顕微鏡でアスベストを見分けます。
公定法と言われる従来の判別方法では約2週間かかり、かつ、専門の分析器でないと出来ないことを建築などの知識が多少ある人を対象として解説します。

 

簡易判別法ではアスベストの精密顕微鏡による画像1000倍、2000倍と、500倍、100倍、80倍を比較した見分け用の画像データ等を用いて28倍から50倍くら いのルーペなどで確認します。